私は誰でしょう?

植物って不思議です。

 

トマト栽培で用いている接ぎ木苗。

 

これは、二種類の植物をつないで、両方の植物の特性をうまく生かそう、というものです。

 

下の、根を利用する植物を台木(だいき)、

上の、根以外の部分を利用する植物を穂木(ほぎ)と呼ぶそうです。

 

これによって、「美味しい実がたくさん採れる、けれども病気には弱いトマト」が、

 

病気に強い根を持った台木と合体して、

 

「病気にも強く、美味しい実がたくさん成るトマト」になるのです。

 

驚きなのが、上と下が必ずしも同じ植物でなくてもよい。ということです。

 

例えば、台木がかぼちゃで、穂木がスイカ、なんていうのもできるそう。

 

でも、ここで私はふと思います。

 

この「台木→かぼちゃ、穂木→スイカ」は、

 

かぼちゃなのでしょうか?

 

それともスイカなのでしょうか?

 

はたまた、何かもっと別の名前を付けるべきなのでしょうか?

 

不思議なのは、これで一つの命だというところです。

 

もっと極端な話で言えば、

 

つなぎ目をたくさん作り、

 

「かぼちゃ→スイカ→かぼちゃ→スイカ→かぼちゃ→スイカ」

 

と、縞々模様の植物を作ったら、これはなんと呼んだら良いのでしょうか?

 

ちなみに、私の肺には、以前、肺に穴が空いた手術の関係で、

 

チタン製のホチキスが留められています。

 

そんな私の名前は、小松怜史でしょうか?

 

それともチタンでしょうか?

 

これがチタンではなく、臓器移植だったらどうでしょうか?

 

その時、どこまで移植しても「私」でいられるのでしょうか?

 

普段は分かっているつもりでも、

 

よくよく考えると、難しいことって色々ありますね。

 

(小松 怜史)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中